北谷まり

きたたに 眞利

くらしの声を市政に届ける

日本共産党横浜市会議員
駆けある記

緊急の申し入れを行いました。

2017年7月14日

教育委員会申し入れ本日、教育長宛てに、公開性と透明性のある教科書採択の実施を求める申し入れを行いました。これまでの教科書採択では、学校現場の声は聴取されておらず、答申で評価の低い教科書が採択されています。投票は無記名で意見表明も任意です。直接傍聴しようにもわずかな定員で、実質的には密室で行われていると変わりがありません。これを「公正かつ適正」な採択だと主張するには、あまりにも説得力を欠いており、市民への説明責任を完全に放棄しています。教科書の採択は、主権者・国民の教育権にかかわることであり、その方法は、教育に携わる教職員と市民への説明責任をはたし、納得が得られるものにすることこそ、教育委員会の責務です。

新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP