北谷まり

きたたに 眞利

くらしの声を市政に届ける

日本共産党横浜市会議員
駆けある記

明日から市会議員選挙が始まります。女性の声が政治を変えます!

2019年3月28日

北谷いよいよ明日から市会議員選挙がスタートです。住民の福祉と暮らしががかかった選挙であると同時に、安倍政権の暴走に対して地方から審判を下す絶好の機会です。

安倍自公政権のもとで、消費税10%増税と国民健康保険料の大幅引き上げが強行されようとしています。被保険者のほとんどが低所得者という国保事業に公費を投入することは、全国知事会も要望しているもので、日本共産党は公費1兆円を投入して国保料をせめて「協会けんぽ」なみにすることを提案しています。

消費税については、大企業優遇税制を見直し、富裕層への応分負担を求めれば財源は確保できます。行うべきは、消費税増税ではなく税の基本をもう一度見直し応能負担とすることです。

日本共産党の躍進が、安倍政権への痛打となり、増税ストップ、国民健康保険料の引き下げの大きな力となります。消費税増税ノーの願いを北谷まりに託してください。家計を預かる女性の声が政治を変えます!

市政では、「カジノより中学校給食の実現を」を掲げ、この4年間、議会内外で市民との共同をひろげ、市民の皆さんと一緒に様々な取り組みを行ってきました。そして、市議団9人の力が議会を大きく変えました。

安倍政権の地方での実行部隊である横浜市長と自民党は、当初カジノ誘致にたいへん積極的でした。しかし、市民の反対の声に押され、市長は誘致積極派から「白紙」へ、国会でカジノ実施法を強行した自民党、公明党は、横浜市会ではカジノ誘致を言えなくなりました。

そして、中学校給食について、与党会派の一部から「ハマ弁」の給食化が出され、教育長も「給食の検討」を言わざるを得なくなりました。市民の皆さんと一緒に中学校給食を求めてきた日本共産党の長い闘いと世論の力が、大きな変化を生み出しています。日本共産党は、生徒に不人気のハマ弁の給食化ではなく、みんなが食べられる、出来立ての温かい中学校給食を目指します。

日本共産党の躍進で、カジノと中学校給食の問題に決着をつけようではありませんか。

「横浜にカジノはいらない」、「出来立ての温かい中学校給食」の願いは、北谷まりにお寄せください。そして、再び議会へと送ってください。よろしくお願いいたします。

県会には小沢むつお、県知事には岸牧子をよろしくお願いいたします。住民が主人公の自治体へと、力を合わせてまいります。

新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP