北谷まり

きたたに 眞利

くらしの声を市政に届ける

日本共産党横浜市会議員
週刊「こんにちは北谷まりです」

保育園などに埋設されている放射能汚染土壌の速やかな撤去を

2019年6月19日

こんにちは 北谷 19.6.19-06日本共産党横浜市議団(9人)は、6月14日、市内の保育園、学校に埋設されている放射能汚染土壌を撤去するよう緊急要請をし、荒木田百合副市長と子ども青少年局の齋藤聖局長が対応しました。当市議団は、本市が本気で保護者の不安に寄り添うというのであれば、言葉だけでなく子どもたちが生活している保育園からの汚染土壌の撤去が当然で、保育園の負担軽減にもなると指摘。保護者の立場に立てば、いくら安全だと説明されても不安は残る。莫大な費用がかかるものではなく、保管する場所もあるわけだから、撤去を行うことが一番の解決策だと訴え、実行を迫りました。

◎PDF版はこちら 

をご覧ください。

新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP