北谷まり

きたたに 眞利

くらしの声を市政に届ける

日本共産党横浜市会議員
週刊「こんにちは北谷まりです」

2015年度決算特別委員会 こども青少年局と総務局での質疑について

2016年10月19日

こんにちは北谷まりです1019号近年、児童虐待件数が増えています。そのため、児童相談所の児童福祉司は対応内容が深刻化し、長時間労働を強いられています。白井議員はこども青少年局の審査で、児童福祉司と児童心理司を増やすべきではないかと、ただしました。柏崎副市長は、必要な体制を今後も検討していくと答えました。総務局の審査では、横浜駅周辺地下街では、大雨のほか、地震による津波、高潮、台風などによる洪水が予想されることから、早急に対策を推進すべきで、大貫議員は、情報伝達の有効な手段として、電光掲示板を設置するよう求めました。危機管理室長は、電光掲示板は非常に有効な手段だと思うので、今後事業者等ともよく議論をしていきたいと答えました。

◎PDF版はこちら、

をご覧ください。

新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP